ガール・オン・ザ・トレイン [4K Ultra HD+Blu-rayセット]

4KUHD

発売日: 2017年4月21日

世界を激震させた衝撃のラスト!空前のベストセラー、遂に映画化!
事件の謎を解くカギは、目撃者の記憶から消えた空白の時間―

特典情報


【ブルーレイ 映像特典】


  • 未公開シーン & ロング・バージョン

  • 『ガール・オン・ザ・トレイン』を支えた女性たち

  • 作品の舞台裏

  • 本編音声解説 (※)

    - 監督:テイト・テイラー



  • ・ (※)4K UHD共に収録されている映像特典

    ・ ブルーレイは [品番:GNXF-2210] と同ディスク

    ・ Oリングケース付き


商品仕様


【ストーリー】

愛する夫と離婚し、傷心の日々を送るレイチェル。
彼女の唯一の慰めは、通勤電車の窓から見える“理想の夫婦”だった。

幸せそうな二人は、かつてレイチェルが夫のトムと暮していた家の近くに住んでいた。トムは今その家で、妻のアナと生まれたばかりの娘と新しい人生を始めている。

ある朝、レイチェルはいつもの車窓から衝撃的な場面を目撃する。それは、“理想の妻”の不倫現場だった。
翌日、レイチェルは夫婦の様子が気になり、確認するべく駅を降りる。しかし、彼らの家へ向かったところから記憶がなくなり、気が付けば自分の部屋で大けがをして倒れていた。まもなく“理想の妻”は、死体で発見される。

なぜか周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル。どうやら、あの日の“空白の時間”に原因があるらしい。
レイチェルが記憶を取り戻そうとすると、関わる人々の思いがけない秘密が明かされていく──。



【スタッフ】

監督:
 テイト・テイラー
 (『ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~』 『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』)


製作:
 マーク・プラット
 (『ラ・ラ・ランド』 『ブリッジ・オブ・スパイ』 『ドライヴ』)


脚本:
 エリン・クレシダ・ウィルソン
 (『クロエ』 『毛皮のエロス / ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』)


撮影:
 シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
 (『ディーン、君がいた瞬間(とき)』 『偽りなき者』)


編集:
 マイケル・マカスカー
 (『アメイジング・スパイダーマン』 『3時10分、決断のとき』 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』)


衣装デザイナー:
 アン・ロス
 (『幸せをつかむ歌』 『めぐりあう時間たち』 『イングリッシュ・ペイシェント』)


音楽:
 ダニー・エルフマン
 (『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 『世界にひとつのプレイブック』 『ミルク』 『シカゴ』)


原作:
 ポーラ・ホーキンズ



【キャスト】

レイチェル:
 エミリー・ブラント
 (『スノーホワイト-氷の王国-』 『イン・トゥ・ザ・ウッズ』 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 『プラダを着た悪魔』)


アナ:
 レベッカ・ファーガソン
 (『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』 『ミッション:インポッシブル / ローグ・ネイション』)


メガン:
 ヘイリー・ベネット
 (『ハードコア』 『マグニフィセント・セブン』 『イコライザー』)


トム:
 ジャスティン・セロー
 (『インランド・エンパイア』 『ズーランダー』 『マルホランド・ドライブ』)


スコット:
 ルーク・エヴァンス
 (『美女と野獣』 『ワイルド・スピード SKY MISSION』 『ドラキュラZERO』)



● 原作は空前のベストセラー!社会現象となった小説の待望の映画化で、全米初登場No.1ヒット!

米ニューヨーク・タイムズ・ベストセラーにて21週第1位 & 77週ランクイン、英サンデー・タイムズ・ベストセラーにて30週第1位 & 66週連続ランクインという驚異的な記録をうち立てたミステリー小説が原作。日本でも“このミステリーがすごい!2016年版海外編ベスト20”に選出。全米3,144館で公開され、週末3日間で興収2,454万ドル(約26億円)を記録し、オープニング興行で首位デビューを果たした。


- 2016年ハリウッド・フィルム・アワード プロデューサー・オブ・ザ・イヤー受賞
 ※マーク・プラット:『ガール・オン・ザ・トレイン』 『ラ・ラ・ランド』 『ビリー・リンの永遠の一日』のプロデュースに対して

- ピープルズ・チョイス・アワード2017 映画部門 スリラー映画賞 受賞


● “記憶喪失” “失踪” “のぞき見” “不倫” “予測不可能な結末” ── サスペンス映画ファンにはたまらない要素が見事に組み込まれた傑作!

本作には、サスペンス映画の傑作・ヒット作が持っているいくつもの要素が見事に組み込まれている。記憶喪失、失踪、のぞき見、そして、不倫…全貌が明らかになる衝撃のラストまで全く目が離せないストーリー展開。そして、記憶喪失の主人公による曖昧な証言に騙され、事件の結末を知ったあと、もう一度最初から観たくなる作品。


● 注目の演技派女優エミリー・ブラント主演!

消えた自分の記憶と葛藤するヒロインを熱演したエミリー・ブラント。『プラダを着た悪魔』の意地悪なアシスタント役でブレイクし、『LOOPER / ルーパー』ではブルース・ウィリス、ジョセフ・ゴードン=レヴィットと共演、トム・クルーズと共演した『オール・ユー・ニード・イズ・キル』でアクションのできる女優としてのイメージも確立。2018年には、ディズニーの伝説的なミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の続編での主役も決定。


● 主人公が乗る電車は、ニューヨークのメトロノース鉄道ハドソン線。グランド・セントラル駅のオイスター・バー、2015年5月にアッパー・イースト・サイドからミートパッキング地区に移転したホイットニー美術館など、ロケ地にも注目。

コピーライト

(C) 2016 Universal Studios and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.